確定申告 テレフォンレディ

確定申告でまずすること

 

まず確定申告でしなければいけないのは、テレフォンレディが本業なのか、副業なのかを明確にしましょう。

 

これは確定申告の書類上、収入金額を書く欄が違ってくるからです。

 

本業として続けていこうと思えばあらかじめ、個人事業の開廃業等届出書を税務署に提出しておき、収入は事業所得になります。

 

一方副業としてであれば、収入は一時的なものとして雑所得になります。

 

そして次に、確定申告書類は2種類あり、青色申告と白色申告に分けられます。

 

簿記という言葉はほとんどの方がご存知だと思いますが、帳簿の付け方を簡単な簡易簿記にするか、複雑な複式簿記にするかで違ってきます。

 

簡単なのは白色申告の方ですが、複雑な複式簿記の青色申告をすると65万円の控除を受けることができます。

 

かなりの金額の年収になる場合は青色申告をすることをおすすめします。

 

青色申告をしたい場合は、事前に青色申告承認申請書を提出しておかなければいけません。

 

確定申告の書類は、税務署に行けばもらうことができます。

 

一度確定申告をすれば次の年からは郵送されるようになるので、初年度のみ税務署でもらってきて下さい。

 

実際に書類を見ると分かりますが、難しい言葉が並び、数字を記入する欄が沢山あります。

 

これを見ただけで確定申告をすることに嫌気がさす方もいます。

 

そういった場合は会計ソフトを導入しましょう。

 

日々の収入や支出を会計ソフトに入力していくだけで、確定申告の時期になったら、会計ソフトが自動で確定申告に関する書類を作成してくれます。

 

これはとても便利です。値段も5千円〜1万円程度なので、購入しておくことをおすすめします。

確定申告でまずすること関連ページ

日々の準備
確定申告のために日々する事とは
会計ソフト
会計ソフトを利用すれば、自動で確定申告に必要な書類が揃います。
必要経費
経費と必要経費の特例について